ほうれい線の悩みとさよなら【若々しいあの人を目指してレッツ施術】

日本人女性

様々な施術方法が展開

美容整形

繋がりある皮膚構造

鼻の両脇からはじまり、口の両端にくっきりしたラインが目立つことにより、老けた印象に見られてしまい、心身的に落ち込む女性が近年増えています。ほうれい線を改善させるにはクリニックでの治療や施術が適しており、整形術も効果ばかりを謳っていることもあり、何を基準として選択するべきか、難色を示す方が多いのも実情です。老化によって頬が下垂してしまい、皮膚が覆い被さることで影がつき、シワのように見えるのがほうれい線であり、シワを取ることとは異なる施術が必要となります。整形術を提案する業界においては、どの種類の施術がベストであるのか、1人1人に問いかけるだけではなく、長年培ってきたノウハウを基に、その先のトラブルまでを視野に入れた提案までを行っていく見通しです。例えば、ほうれい線からさらに伸びるラインとなるのが、アゴに伸びるマリオネットラインです。顔の皮膚やボリュームは全部が繋がっているため、鼻から口まわり、アゴまでの部分全てが影響を受けてしまいます。1点を解消させることでその下の繋がりが浮き彫りになりやすく、トータルで施術を提案することが高い満足度に繋げられると言われ、提案方法に変化が見られています。

容貌の変化

顔の皮膚はコラーゲン線維や筋線維がはびこり、下垂が生じにくい皮膚構造であるものの、頬の部分は支える組織自体が比較的弱く、下垂が生じやすく、必然的にほうれい線が年々目立つようになります。手軽に行えるプチ整形によっては、動脈塞栓と呼ばれるリスクも問題視されているものの、最も注意したいのが表情筋による戻りや不自然なライン目立ちを生み出しやすい点です。鼻の両脇から唇サイドに伸びるラインは、頻繁に動く部位でもあり、注入系の整形施術を行った際に、表情筋が動くことによって注入した成分が不自然な部位に移動するなどして、逆にほうれい線を目立たせることが術リスクの実情として挙げられています。また、ハリが不足することが原因でもあるため、ハリを与えるために多量の有効成分を注入する方も少なからずおられますが、量によっては強く膨らみ過ぎてしまい、整形と分かる容貌をさらしてしまう結果に結びつくことも考えられ、先が読めない仕上がりには注意が必要となります。もちろん、成長因子の注射も同様で、シワをはじめ、ほうれい線などの一部を盛り上がらせる場合、短時間で吸収されて元に戻ったり、仕上がりや結果が読めないことが美容目的で利用する場合には弱点となりえます。しかし、反対に考えれば、体内に吸収される安全な手術ということができるのです。