ほうれい線の悩みとさよなら【若々しいあの人を目指してレッツ施術】

日本人女性

シワを消して若返る

目元に注射

シワは加齢で深くなる

シワは若い人でも皆少なからずあるものですが、ほうれい線は顔の真ん中辺りから外側に向かって伸びているのでシワの中でも特に目立ちます。ほうれい線が深いだけで老けて見えたり、なんとなく疲れたような暗い印象に見えるものです。そのほうれい線が無いだけで、ぐっと若く元気で明るい印象に見えるのですが、残念ながら加齢とともにシワは深くなる一方です。年を取っていくことで肌はたるみやすく、ハリも落ちてきますがそういった老化現象が更にシワを引き立ててしまいます。マッサージをしたり表情筋を鍛えようと思っても、ほうれい線がある辺りの筋肉はなかなか鍛えにくかったりマッサージもしにくかったりするので、自宅でケアをしようと思っても上手く出来なかったり続かなかったりします。そのため、ほうれい線を消したり薄くするには美容クリニックでのプチ整形を選ぶ人が圧倒的に多いです。美容クリニックでのプチ整形の方法にはいくつか種類がありますが、それぞれメリットとデメリットがつきものです。何を重視するべきかによっても違ってきますが、一体どんな治療法を選べば良いのか、ほうれい線について長年悩んできたという人に選ばれる人気の治療法についてご紹介したいと思います。

治療法の種類

整形する方法にはまず、ヒアルロン酸を注入する方法があります。ヒアルロン酸は時間をかけてゆっくり体内に吸収されるので体内に完全に吸収されるまでは効果を発揮してくれます。体に安全な成分で、費用も手ごろだったりするので気軽にプチ整形出来ると人気の治療法です。ですが、ほうれい線がある付近は動脈が詰まりやすい付近なので注入することで血管が詰まり、皮膚がこわばってしまうことがあるようです。しこりが出来てしまうこともあると言われています。次に切開してシワを消してしまう方法がありますが、シワは完全になくすことが出来ても傷跡が出来てしまうことがあるようです。シワよりも傷跡の方が目立ってしまえば元も子もないので、なかなかリスクがあります。他には、成長因子を注入して肌の再生化を図ることでシワを薄く目立たなくする方法がありますが、こちらは注入してみないとどうなるかわからない、賭けのような感じになります。上手く再生出来れば良いのですが、そのまますぐ体内に吸収されたり、しこりになる場合も少なからずあるようです。一番デメリットが少なく効果を感じやすい治療法には、糸を使ってリフトアップするものがあります。糸は伸縮性があるタイプで皮膚にも馴染みやすく副作用が出にくいようです。